麺処花田-味噌

麺処 花田 池袋本店 – ガキの使い“スマホなしで待ち合わせSP”のラーメン店

<2017年8月3日(木)訪問>
入店時間 19時・外待ち 5名。
 

 
麺処 花田 池袋本店さんは、
2017年7月17日(月祝)に放送された

『ガキの使い特別版!絶対に集合しなくてはいけない!
スマホなしで待ち合わせSP』で

ダウンタウンの松っちゃんが一人で昼食をとっていたラーメン店。

松っちゃんが黙々と食べてたラーメンが
無性に食べたくなって今回、久々に訪問してきました!!

 
今回はテーマが “ミーハー” で、スミマセン(笑)。

 

 
池袋駅-東口

お店は池袋駅 東口から徒歩7分
“サンシャイン通り” の大通りから1本、路地に入ったところにあります。

 
今回、ガキ使で出演したお店というテーマでのご紹介となりましたが、
“麺処 花田” さんは池袋のラーメン店で、1位・2位を争うほどの人気店。

今年2017年2月には、エースコックとのコラボで “カップ麺にもなった” ほどの人気ぶり。色物(いろもの)的に紹介するのは少し失礼かもしれませんネ。

 

 

池袋駅-東口

<サンシャイン通りの人波>

“スマホなしで待ち合わせSP” では “高いビル” というお題で松っちゃんが “サンシャイン60” に集合。

他のメンバーが、東京ミッドタウン・六本木ヒルズ・都庁にそれぞれ集合した為、サンシャインには松っちゃん1人に。

その場で居合わせた人と昼食をとる流れになったので、松っちゃんは1人で昼食を食べるハメになりました。

その時に松っちゃんが訪れたのが
“麺処 花田 池袋本店” なのでした。

ラーメンと辛いものが好きな、松っちゃんらしいセレクトですね。

 

 

  店舗の外観・環境

 
麺処花田-外観

“麺処 花田 池袋本店”さんに到着

平日夜で時刻は19時。外待ちは5名。

普段の行列に比べると人数が少な目。
こちらのお店、休日のお昼時には並ぶ戦意を喪失するほどの大行列になります(汗)

 

 
麺処花田-外観
麺処花田-外観 麺処花田-外観 麺処花田-外観

黒と黄を基調とした店舗デザイン

カラーと書体のイメージが洗練されていて “キリッ” と引き締まった印象。
なかなかカッコいいっすね!!

 

 
麺処花田-外観

隣は系列店の “麺屋まるはな”
この日は臨時休業中でした。

同資本で隣りに類似したラーメン店を出店するという珍しいケース。
“お店を選べる楽しさ” での増収か、
“お店同士がカニバって” の減収か、

マーケティング理論に基づいての出店だと思いますので、ちょっと興味があります。

 

 

  並び方

 
麺処花田-並び方

まず、最初に食券を買ってから列に並びます

入口から入ってすぐ左手に券売機がありますので、まずは食券を購入してから列の最後尾に並びます。

 

 
麺処花田-券売機
 

メニュー一覧

 
【ラーメン】
 味噌・・・830円
 辛味噌・・・860円
 味卵味噌チャーシュー麺・・・1,090円
 味卵辛味噌チャーシュー麺・・・1,160円

【つけめん】
 味噌つけめん・・・890円
 辛味噌つけめん・・・960円
 味卵味噌チャーシューつけ麺・・・1,190円
 味卵辛味噌チャーシューつけ麺・・・1,260円

【トッピング・サイドメニュー】
 麺大盛・・・130円
 味卵・・・120円
 半熟卵・・・100円
 チャーシュー・・・120円
 メンマ・・・140円
 バター・・・120円
 ライス・・・100円

【お飲みもの】
 ビール・・・550円

 

麺の量・茹で時間

 
●ラーメン /160g /5分

●つけ麺    /240g /10分




 

<入口の構造が特徴的>

お店の構造は少し変わっていて、
黄色い “のれん” をくぐってから玄関のようなスペースがあってから引き戸の入口になっています。

この玄関スペースのおかげで
屋根の下で待つことができ、日差しや雨がしのげます!

 

 
麺処花田-三河屋製麺

玄関スペースで、三河屋製麺の箱を発見。

 

 

  注文の仕方

 
並んでいる途中に店員さんが食券を集めながら、

「野菜とニンニク増しますか?」と聞いてくれます。

 

 
<無料サービスについて>

1)野菜増しが無料

2)ニンニク増しが無料

3)平日のランチ限定で小ライスが無料

 
麺処花田-増し無料
↑ 店内の説明書き
ところどころ文字が消えていたので注釈を入れました!

 

 

  店舗の内装・席の配置

 
店内は “コの時” カウンター13席

 
麺処花田-内観

放送中に松っちゃんが座った席より3席奥に通されました!
松っちゃんの席にこだわりは無かったもののニアミスで少し残念。

お店の中は外から想像するよりも広め。窮屈感はなく快適でした!

店員さんは5名でのオペレーション。

 

 
麺処花田-エアコン

クーラーがガンガン効いている!
真下に座ると寒く感じる方もいるかもしれないです。

辛いラーメン・つけ麺も出しているので、やや低めの温度に設定してるのかも。

まあ、暑がりの筆者には嬉しい環境ではあります(笑)。

 

 
麺処花田-ポスター

“お店オリジナルのポスター”

英語が苦手な筆者から見ても結構イイカゲンな英語のような。。。

デザイン的にはお洒落でGOOD!!

 

 

  卓上アイテム

 
麺処花田-卓上アイテム

卓上調味料は、
一味唐辛子・酢・ミル挽き山椒。

 

 
麺処花田-一味唐辛子

“一味唐辛子”
目にも鮮やか。真っ赤でサラサラな一味。

小さな穴から出てくるタイプではなく、
ガバッとフタが開いてタップリ使えます!!
辛い物が好きな方は嬉しいですね!

 

 
麺処花田-ミル挽き山椒

“ミル挽き山椒”

ギアが甘く回しても空回り。中身が出てこないので店員さんに聞いてみると、
「故障しているのでこちらをお使いください」と別のミルを渡される。

それにしても、、、
“山椒” なのに “故障”って(笑)

 

 

麺処花田-卓上アイテム

箸は“割り箸”、
その他“ボックスティッシュ”が備え付けられています。

 

 
麺処花田-お水

お水は、最初の1杯目は店員さんが用意してくれて、その後はセルフ。

 

 

  ラーメンの実食

 
麺処花田-味噌

味噌(830円) + 麺大盛(130円)
野菜とニンニクを大盛りで。ニンニクは別皿で提供。
 

ところであの日、
松っちゃんが食べたメニューは何か?

オンエアされたカメラの角度からでは詳しいメニュー名までは分かりませんでした。
その中で確認できたのは下記の2点。
 
1) つけ麺ではなくラーメン。

2) 卓上の一味唐辛子をかなりタップリとかけていた。
 
辛いもの好きの松っちゃんのことなので、もしかしたら“辛味噌”の方を選んでいたかもしれませんね。

 

 
麺処花田-味噌

野菜は “ピラミッド” のように高く盛り付けられてます!
見た目も堂々として立派なのですが、白髪ネギが茹で上がらないようにする意味でも理に叶った盛り付け方法。

 

 

麺処花田-味噌

スープは“極めて”高い完成度!
濃厚な豚骨出汁をベースに、まろやかな味噌ダレをブレンドしています。
 

スープを一口飲むとまず、
“まろやかでコクのある” 出汁の風味が口に広がる!

そして後から、
“キレがあって華やかな” 味噌の香りが鼻に抜けていきます!!

 
やさしくてバランスが良いスープなのに、しっかりパンチがある。そんな、
良いとこ取りな、贅沢スープです!!

 

 
麺処花田-味噌

多加水・太麺でややウェーブ
モチモチ美味しい麺です!!!

さらに、
麺の表面が “つるつる” していて、
ものすごい喉越しの良さ!!
流石は三河屋製麺と言ったところ。
 
しかし、
超人気店の花田さんと老舗の三河屋製麺さんのコラボはこれに留まらない。
 

それに加えてビックリするくらいに、
麺が、短いんです!!!!
おそらく特注品。本当に短い!!

これにより、
太くてボリュームのある麺にも関わらず、

スルスルとペース良く食べられちゃいます!!

麺が太くて喉に引っ掛かったりすることもなく、また、トッピングの下から麺を引っ張り出す大変さもない!!

これなら女性でも無理なく楽しめる。
計算に計算を重ねた、技術とアイディアの結晶のような麺ですネ!!

 

 

麺処花田-味噌

トッピングの野菜は、
“しっかり香ばしく”炒められたモヤシとキャベツ、

その上に、
“シャッキシャキの”の白髪ネギが乗る!!

モヤシは細めのものを使っていて、出汁が良く染みていて香ばしーー! そして、
ボリュームたっぷりです!!

 
具沢山で満足感が高い!
醤油ラーメンはシンプルなものが好みだが、やっぱり味噌ラーメンは具材が賑やかな方が良い。

 

 

麺処花田-味噌

大きめのチャーシューが1枚

箸で持てないくらいの柔らかさ!
ホロホロ系でとても美味しいチャーシューです!!

肉の厚みもまずまず!
成型とカットが美しいのも特徴ですね!!

 

 
麺処花田-味噌

“しっとり系で美味しいメンマ”

メンマは味がしっかり染みてるタイプ。
食感はコリコリではなく “しっとり柔らか” と言うところが逆に新鮮です!

 

 
麺処花田-味噌

別皿のニンニクで味変!

ニンニクは別皿で提供されます。
これを後半で投入すると、
パンチが一気に増します!!

スープが完璧とも言える完成度なので
デフォルトのスープを十分に味わってからの味変をオススメします!!

ニンニクをあえて別皿にする “お店の意図” もそこにあるんだと思いました。

 
辛い物が好きな方は “一味唐辛子”
ヒリヒリした刺激を味わいたい方は
“山椒”を入れるのもいいでしょう。

しかし、
筆者的には薬味は不要!!

とにかくデフォルトのスープの完成度に只々感動しました。
 

  そして大満足のうちに完飲完食!!
『ご馳走さまでした』

 

 

  まとめ

 
今回はテレビで松っちゃんが食べていたというだけの単純な理由での再訪レポートでした。

テレビで放送されたり、有名人が訪れるからと言って必ずしも美味しいラーメン屋とは限らない。オトナの事情やプロモーション的な要素が関係してくるからだ。

でも軽視できないのが、
この日のように実際「美味しいラーメン」に在り付けたいう事実です。
これからも気になるラーメン店があれば、どんどん押し掛けて“ズバズバッ”とレポートして行きます!!!

それにしても、東京の飽和状態にあるラーメン屋さんの中から本当に美味しい “一杯” を見つけるのは簡単ではないですよね。

細々と運営しているこの、
“東京ラーメンレポート” も、ラーメンを愛する方々にとって、少しでもお役に立つサイトになれればいいなあと切に思っております。




 

麺処 花田 池袋店

住所:東京都豊島区東池袋1-23-8 東池袋ISKビル 1F

営業時間:
[月〜土] 11:00〜23:00
[日・祝] 11:00〜22:00

定休日: 毎月31日、年末年始