麺屋-翔-外観

麺屋 翔 本店 / 香彩鶏だし塩ラーメン 790円(中盛+50円)

<2017年7月14日(金)訪問>
到着時間 19時・外待ち 5名。

 

西新宿

黄昏 (たそがれ) どきの
西新宿を歩く。

仕事おわりに、麺屋 翔さんに行く事に。
そう言えば最近はあっさり系の塩ラーメンが続いているなあ。

無意識のうちに体が癒しを求めているのでしょうか(笑)。
 

 

 お店の外観

 
麺屋 翔 本店さんに到着。
平日夜の19時。外待ちは5名と少なめ!

ランチタイムより夜の部の方が若干空いているみたい。このくらいの時間帯が狙い目のようですよ!

 

麺屋-翔-外観
麺屋-翔-外観 麺屋-翔-営業時間 麺屋-翔-プロモーション

店頭では「会員SYO」という独自のプロモーションを展開。
店頭で配布されている新聞を参考に、
テストに合格して賞状を4枚集めると“会員SYO”をGET! 会員には豪華特典が!!!
 

<会員SYO 7つの特典>

その1 麺屋翔オリジナルどんぶり
その2 麺屋翔オリジナルキャップ
その3 プレミアムメンバー限定麺屋翔Tシャツ
その4 麺屋翔オリジナルバッグ
その5 SYO TIME ご出演権
その6 お誕生日プレゼント特典
その7 味玉 OR チャーシュー1枚 無料(お連れ様3名まで)

特典は予告なく変更する場合がございます。
 
↑↑↑豪華すぎやしませんか!? (汗)

 

 
麺屋-翔-外観

間口が広くガラス張りです
外からは店内の様子が見やすく、また、店内での開放感にも一役買っています。

店内は仕事終わりのビジネスマンで鈴なりの賑わい。

 
並んでいると外にまで鶏出汁の良い香りが漂ってきて気分が盛り上がります。

待ち時間 7分で入店できました。




 

 メニュー一覧

 
 券売機で、
『香彩鶏だし塩ラーメン 790円』と
『中盛  50円』の食券を購入。

 
麺屋-翔-麺の量

麺量がメニューごとに異なります
上の表がとても分かりやすい!!

今回は “塩” の “中盛(+50円)” を選択しました。

 

 
麺屋-翔-券売機

【塩】
 香彩鶏だし塩ラーメン・・・790円
 香彩鶏だし味玉塩ラーメン・・・890円
 香彩鶏だし特製塩ラーメン・・・990円
 香彩鶏だし塩チャーシューメン・・・1,040円

【醤油】
 香彩鶏だし醤油ラーメン・・・790円
 香彩鶏だし味玉醤油ラーメン・・・890円
 香彩鶏だし特製醤油ラーメン・・・990円
 香彩鶏だし醤油チャーシューメン・・・1,040円

【鶏白湯(つけ麺)】
 鶏白湯つけ麺・・・790円
 鶏白湯味玉つけ麺・・・890円
 鶏白湯特製つけ麺・・・990円
 鶏白湯チャーシューつけ麺・・・1,040円

【鶏白湯(ラーメン)】
 鶏白湯ラーメン・・・790円
 鶏白湯味玉ラーメン・・・890円
 鶏白湯特製ラーメン・・・990円
 鶏白湯チャーシューメン・・・1,040円

【トッピング】
 雲呑(ワンタン・海老と肉2個ずつ)・・・250円
 肉盛り(+3枚)・・・250円

【ご飯もの】
 極 豚飯・・・500円
 極 豚飯ハーフ・・・250円
 極 鶏飯・・・400円
 極 鶏飯ハーフ・・・200円
 極 卵飯・・・300円
 ライス・・・100円

【お飲みもの】
 瓶ビール・・・500円
 黒ウーロン茶・・・200円

 

 

 お店の内観

 
明るくて活気のある店内
何と言うか健全な感じがするなあ。

カウンターどうしが背中合わせになった席の配置。全12席です。

 

 
麺屋-翔-内観

とても “ハツラツ” とした接客

店員さんは4名でのオペレーション。
皆さん元気で好印象です。

 

 

本田店主-色紙

“麺処 ほん田” 本田店主の色紙。
『情熱』

 

 
山岸マスターの色紙

右が “大勝軒” 山岸マスター。
『人生の試練に打ち勝て』

 
左は、どなたのものでしょう?
『大きな心で怖がらず橋を渡れば望みは叶う』

 
今日からでも
勇気をもらえる珠玉の言葉たち。

 

 
媛っこ地鶏の日

毎月最終火曜日は月一限定、
“媛っこ地鶏の日”
ノーマルよりは多少お高いが、お店こだわりの一杯が食べられます。

その他にも毎週水曜日限定の
“札幌味噌ラーメン” も人気だそうです!!

 

 

 卓上アイテム

 
麺屋-翔-卓上アイテム

卓上調味料 “ブラックペッパー”のみ

その他のアイテムは、割り箸、紙ナプキン、爪楊枝。

 

 
麺屋-翔-卓上アイテム

“紙エプロン”が自由に使えます

ヘアゴムの用意もあるので女性には嬉しいですね!

 

 
麺屋-翔-お水

金属製のタンブラーが “涼しさ” を演出する。

熱伝導率が高い金属で触るとヒンヤリ!!
小物一つ一つにまでこだわりを感じます。

 

 

 ラーメンの実食

 
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン

『香彩鶏だし塩ラーメン 790円』+『中盛  50円』

 

 
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン

姿が、、美しい!!!!

スープがキラキラ透き通っている上に、トッピングの彩りが美しい。このあたりは
“流石” の一言。

 

 
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン

澄んだ透明感の高い清湯塩スープ。

やさしい風味の鶏出汁にまろやかな塩を効かせたスープ。

塩は、フランス産のゲラントの塩・モンゴルの天外天塩・イタリアのロックソルト他をブレンドするこだわりよう。

鶏油の量もほど良く香ばしい。

角がなくまろやかな、
やさしいスープです!!

 

 
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン

麺は、平打ちの中細麺
大田区に本社をおく菅野製麺所のもので、国産小麦100%。

茹で加減は “やや柔らかめ”で、
滑らかな喉越しとやさしい口当り。

これは完全に個人の好みなのですが、
筆者は “やさしいスープ” には “強いコシ・歯切れの良い麺” を合わせるのが好きだ。
こちらに来るといつも思うのですが、
このスープに自分好みのポキポキ麺を合わせられたらなあ。

 

 
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン

低温調理のチャーシュー
豚の肩ロースを低温調理したもの。

このチャーシューが
激ウマです!!!!

とてもやわらかく、箸で持とうとしただけでホロホロと崩れてしまいそうになる。
それを口の中に入れると、、旨みが一気に広がって溶けちゃいます!
トンデモなくクセになる味わい!!

 

 
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン

“瑞々しい” 水菜と白髪ねぎ
水菜と白髪ねぎはシャキシャキの食感!!

緑と白のコントラストに赤の糸唐辛子も加わって色合いが鮮やか。
センス光りまくりです!!

 

 
麺屋-翔-香彩鶏だし塩ラーメン

“コリコリで新鮮な” メンマ

メンマが新鮮?? とお思いになるかもしれませんが、浅漬けなので原料の麻竹(マチク)の素材感がそのまま感じられる美味しいメンマなのです。
薄味なのでおそらく賞味期限が短め。
これは新鮮じゃないと出せない!!

さらに、
これを香味油で和える事により独特の香ばしさを併せ持っています。
 




 

 まとめ

 
麺屋 翔さんの塩ラーメンは旨い。
本当に旨い。

しかし、
それに近い味を出しているラーメン店もどんどん台頭していると思うんです。

では、
そんな多くのラーメン店に埋もれず、新宿一帯の塩ラーメン店で麺屋 翔が頭一つ分抜けているのはナゼだろうか!?

それは、
“今の時流に柔軟に合わせたスタイル”
を持っているからだと思います。

 
具体的には、
1)プロモーション等による常連客の囲い込み。
コアな常連客がSNS上でお店を評価することで新規客を呼び込む。

2)Web上のメディアを利用したイメージ戦略。
Twitter、Facebook、公式サイト、公式ブログと、あらゆるWeb上のメディアを駆使してイメージを構築している。

 
この2つが、
“今の時流”にピッタリはまっているからでしょう。

 

SNSが発展した現在では、企業・店舗のみならず、タレント、スポーツ選手、政治家までが日々イメージ作りに時間と労力を費やしています。

ラーメン店も売上原価の管理に力を入れて “旨いラーメン” を提供するだけではなく、販売管理費にもバランス良くコストを投下して “上手に宣伝” し、
生き抜いていかなければならない時代なんですね。
 

こちらのお店におじゃまする度に、そんな取り留めのないことを考えます。

 

麺屋 翔

住所:東京都新宿区西新宿7-22-34

営業時間:
[平日] 11:00~15:00/18:00~23:00
[土・日・祝] 11:00~15:00/17:00~21:00
※スープ切れ次第終了

定休日: 無休
※臨時休業もまれにあり