ラーメン二郎 桜台駅前店 – “独特”な味わいと “独自”のルール! サクジの特徴を丁寧にレポートします!!

“ラーメン二郎 桜台駅前店”は
『サクジ』の愛称で親しまれる直系二郎。
 
そして、各種口コミサイトで『旨い』の声が続出している人気店でもあります。 しかし、こちらのサクジは同時に、
 
『並び方に独自ルールが存在』
『昼と夜でメニューが異なる』

 
など、初めて訪問する際には是非おさえておきたい情報が “盛り沢山” のお店でもありました。
 
今回は、このサクジの特徴を二郎素人ならではの視点で丁寧にレポートいたします!!
 
そこでは、ありがちだが注意が必要な “ミス” を筆者自らおかしてしまうアクシデントも!?
 
本編をご確認ください!!
 

 

最寄り駅について

 
西武池袋線
“桜台駅 北口” 徒歩30秒

桜台駅-北口
桜台駅-改札 桜台駅-北口 桜台駅-北口 桜台駅-北口
※画像は全て拡大できます。
 
お店はまさに駅前の近さ!!
桜台駅は池袋駅まで約10分と “便利な立地” ながら住宅街の中にある“小さな駅”。駅前に広場はなく直ぐにマンション・アパート・住宅街へとつながる。この駅の北口を出ると小さな商店が数店並ぶ通りがあり、そこに今回のお店『ラーメン二郎 桜台駅前店』はあります。北口からの距離およそ40m!!

 

 

駐車場について

 
ラーメン二郎 桜台駅前店には駐車場がありません
 
お店の周辺にコインパーキングがいくつかありますのでオススメの
駐車場を3ヶ所ご紹介します!!
 
 

おすすめ駐車場その①

“エコロパーク 桜台第1”

エコロパーク桜台第1
エコロパーク桜台第1 エコロパーク桜台第1 エコロパーク桜台第1 エコロパーク桜台第1
※画像は全て拡大できます。
 
[住所]東京都練馬区桜台1-42
[距離]徒歩2分 (200m)
[収容]12台 ←多い!!
[営業時間]24時間
[タイプ]平地自走
[料金]
  (8:00-20:00) 30分/100円 ←安い!!
  (20:00-8:00) 60分/100円 ←安い!!
[最大料金]
  24時間最大 800円
  夜間最大(20:00-8:00) 400円
   ※情報は変更になっている場合がございます。
 
近辺では一番のオススメ!!
“安い・近い・広い” の3拍子!!
 
住宅街の中にある駐車場です。桜台駅前にある駐車場の1時間当たりの料金は平均600円程度と高額。しかし少し住宅街に入るだけでこのお値段に!!

広くて収容台数も多く、しかも『ロックレス』システムを導入しておりロック板が無くて駐車しやすい。ローライダーの方にもイイですね!

 

おすすめ駐車場その②

“Dパーキング 練馬桜台1丁目第1”

Dパーキング練馬桜台1丁目第1
Dパーキング練馬桜台1丁目第1 Dパーキング練馬桜台1丁目第1 Dパーキング練馬桜台1丁目第1 Dパーキング練馬桜台1丁目第1
※画像は全て拡大できます。
 
[住所]東京都練馬区桜台1-43
[距離]徒歩2分 (200m)
[収容]6台
[営業時間]24時間
[タイプ]平地自走
[料金]
  (8:00-20:00) 30分/100円 ←安い!!
  (20:00-8:00) 60分/100円 ←安い!!
[最大料金]
  24時間最大 700円
  夜間最大(20:00-08:00) 400円
   ※情報は変更になっている場合がございます。
 
駐車場①と同じく駐車料金が安い!
 
1番目の駐車場にくらべると収容台数が少ない。敷地を『白い枠』の月極駐車場と共有しているので、間違えずに『オレンジ枠』の中に駐車しましょう!

 

おすすめ駐車場その③

“タイムズ 桜台第8”

タイムズ桜台第8
タイムズ桜台第8 タイムズ桜台第8 タイムズ桜台第8 タイムズ桜台第8
※画像は全て拡大できます。
  
[住所]東京都練馬区桜台1-43
[距離]徒歩2分 (180m)
[収容]5台
[営業時間]24時間
[タイプ]平地自走
[料金]
   (8:00-19:00) 40分/200円
   (19:00-8:00) 30分/100円
[最大料金]
   (8:00-19:00) 最大料金 700円
   (19:00-8:00) 夜間最大料金 400円
   ※情報は変更になっている場合がございます。
 
上記の2ヵ所が満車の時は
ココが空いているかも!!
 
上記2ヶ所の駐車場に比べると駐車料金が少し高め。サブの駐車場としてご検討いただくとイイかも。

 

 

店舗の外観・環境

 
ラーメン二郎-桜台駅前店-外観
ラーメン二郎-桜台駅前店-看板 ラーメン二郎-桜台駅前店-電光サイン ラーメン二郎-桜台駅前店-営業時間 チラシ-荻窪二郎-川越二郎
※画像は全て拡大できます。
“ラーメン二郎 桜台駅前店” さんに到着!!

瓦屋根から察するに木造2階建の店舗。イイ感じに年季が入っています!  隣の店舗とつながった長屋風ですが、よく見ればそれぞれ独立した建物のようだ。
 
土曜日のお昼どき、
13時30分の到着で

12人待ちの行列。
 
おおよそ予想通りの混雑具合!
いや、土曜のランチタイムでこの程度の並びならラッキーかも!!
 
店内着席までの待ち時間は、
30分程度でした!!

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-看板

室外機の風をにがすため、テント看板がめくられている。

かろうじて店名が読める絶妙な位置で折り返している。

 

 

田村指圧治療院-ポスター

指圧治療院のポスターが!?
 
なぜサクジの入口に貼ってあるのか気になってググってみたが、お店と指圧治療院との関係は分からずじまいでした。

 

 

店内持込について

 
店内にドリンクの持込みがOKです!!
 
ラーメン二郎-桜台駅前店-自販機
 
[自販機商品 = サントリー]
 
黒烏龍茶・・・180円
デカビタC・・・130円
ボス レインボーマウンテン・・・110円
ボス 贅沢微糖・・・110円
ボス ブラック・・・110円
ボス カフェオレ・・・130円
プライドオブボス・・・130円
伊右衛門(ホット)・・・130円
 
※2017年12月現在の情報です。

 

 

並び方について

 
並び方には独自のルールがあります!
 
ラーメン二郎-桜台駅前店-並び方
※画像は全て拡大できます。
 

▼見取り図をつかって解説します▼
 赤の数字①を先頭として並びます。

ラーメン二郎-桜台駅前店-店内見取図
※画像は全て拡大できます。
 
1) 行列が出来ていたら食券を買わずにまず列に並びます
店内待ちは無し。入口付近①から順に並んで自販機まで来たら、図の⑥のように折り返す。あとは道なりに並ぶ。
 
2) ⑤の位置まで来たら食券を買いに行く
次のロットの麺茹での為に、並び中に先頭から5人分、一気に『麺量』の確認が入ります。そのため列が進んで⑤の位置まで来ると、いったん列を抜けて店内の券売機で食券を購入して元の位置に戻るのが慣例になっているようだ。
 
3) 店員から“麺量”を聞かれる
先頭付近にくると前から順番に『麺の大きさはどうしますか?』と店内の店員さんから声をかけられる。その時に食券を見せながら『大、小、麺少なめ、麺半分』など希望の麺量を伝えます。『麺固め』などの希望がある場合もこのタイミングで申告。
 
3) カウンターが空いたら入店
食券をカウンター上段に置いて着席。
 
※2017年12月現在の情報です。

 

 

注文方法について

 
券売機で食券を購入する
 
昼・夜でメニューが異なる
 
・平日昼は『油そば』のみの営業
・夜、土曜昼(通し営業)は『ラーメン』のみの営業

 
サクジでは、2017年7月から『油そば』のみの昼営業を開始。油そばは野菜のトッピングが無いためコールも無し。その代わりに油そばの提供時は、卓上に無料の “ニンニク・揚げネギ” が備えられているので自由に味変することができる。

『ラーメン』を食べるには、夜営業、または土曜昼(通し営業)に訪問する必要あるのでご注意を!!
 

ラーメン二郎-桜台駅前店-メニュー表
ラーメン二郎-桜台駅前店-券売機
 

夜・土曜昼のメニュー

 
【ラーメン】
  小ラーメン・・・700円
  小ラーメン豚入り・・・850円
  大ラーメン・・・800円
  大ラーメン豚入り・・・950円

 

平日昼のメニュー

 
【油そば】
  油そば・・・60
0
  油そば大盛・・・700円

※油そばの野菜トッピングは無し
※油そば提供時のコール無し
※卓上にニンニクと揚げネギのサービス有り
※木曜は昼営業無し

 

トッピング類

 
  生たまご・・・50円
  ネギ・・・50

  エビ油・・・50円

 

※メニューは全て2017年12月現在の情報てす。

 

 

コールについて

 
コールは提供直前です。
   (無料トッピングの注文について)  

『ニンニク入れますか?』と聞かれるのでその時に、ヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメ(醤油)の量または有無を伝えます。
 
※麺と具材の量はデフォルトでも標準的なラーメン店の “特盛” レベル。コールの際はくれぐれもご注意ください(笑)。
※カラメは卓上ボトルで調節が可能です。

 

 

店舗の構造・席の配置

 
L字カウンター  10席
 
ラーメン屋らしい真っ赤なカウンターは、L字の10席。有名サイトの “ラーメンDB、食べログ” では『カウンター11席』となっているので、その日のオペレーションに合わせて席数を調整しているものと考えられる。
 

▼店内見取り図をご覧ください▼

ラーメン二郎-桜台駅前店-店内見取図
※画像は全て拡大できます。
 
1) お水はセルフサービス。
券売機の隣りに給水機があります。そして券売機の上には自由に使える調味料が数種類置いてある。
 
2) レンゲはありません。
二郎だとむしろ無くて納得。直に(じかに)ススレと言うことですね(笑)。

 

 

卓上調味料・備品

 
ラーメン二郎-桜台駅前店-卓上調味料

卓上調味料は二郎の “標準装備” です。

二郎では良く見かける調味料の『ホワイトペッパーと一味唐辛子』が常備されています。また『カラメボトル(醤油)』もあるので、提供後の味の調節が可能。

特徴的なのは、これに加えて券売機上に『魚粉、カレー粉、酢』があることでしょうか!

 

 

ラーメンの実食

 
ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン

ラーメン二郎 桜台駅前店さんの
“小ラーメン 700円”
 (ヤサイ・ニンニク・アブラ)
 
『キタキタキターー!!!』
 
コール後まもなく配膳されたそれは “GOODルッキング” なビジュアル!!

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン

もう1つ 今度は、
裏からの画像もどうぞ!!
 
表は『デカい豚』と『たっぷりのアブラ』で埋め尽くされていたが、くるっと丼を裏返すとようやくヤサイが見えてきました!   それにしても、、、
 
パッと見で分かる
“キャベツ率”の高さ!!

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン

本日のサクジ、
ヤサイマシの標高!!

山の高さはどうでしょうか??
ヤサイは、二郎平均よりも “やや多い” 量かと思います。なだらかで均整の取れた丸いお山の形状で、頂には綺麗な “アブラの雪化粧”。

 
『快適な登山になりそうだ』
では、ヤサイからいただきまーす!!!

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン-ヤサイ

 モヤシとキャベツの比率は
<モヤシ 7>:<キャベツ 3>
 でキャベツの比率が高い!!
 
“シャキシャキ”のヤサイ!!
野菜は、フレッシュ感の高い “シャキシャキ” の食感。キャベツも沢山入っているし、とってもイイ感じです!!  量的には、少し余裕をもって食べきれるくらいで丁度良い量だった。

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン-スープ

スープは  まったりした
“乳化スープ”!!
 
表面には油膜があって掻き混ぜると濃いクリーム色ににごった乳化スープになる。
 
醤油感はあっさりマイルド

『豚骨の出汁感が分厚くて』
『醤油感があっさりしている』のが特徴。

 
醤油ダレのガツンとしたパンチは無く、まったり濃厚な出汁感と、後述の麺との調和を重んじたセッティングと言えるでしょう!
 
卓上には味調節用の『カラメボトル』もありますが、コレはコレで旨いので結局最後まで使いませんでした(笑)。

二郎スープの特徴である “醤油辛さ” が得意でない方にもオススメできそう。

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン-麺

麺は  やわらかくて、
“もちフワ”の食感!!!
 
  食べ始めは
『少し やわらかいかな?』
  と感じて、

 
  食べ終わる頃には
『かなり やわらかい』
  デロリアンに!

 
表面が “つるつる” していて中は “もっちり”。濃厚なスープを絡めて『チュルチュル』とすすれば “ふんわり・まったり” した気分に包まれます!!

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン-豚

大きさ・質感とも文句無しの豚が2枚鎮座!!

豚バラをゆる巻きにしたロールチャーシュー。巻きの形は美しいが表面は少し煮崩れが始まっている。艶やかなその姿は見るからに柔らかそうな質感だ!!  
 
見たら分かる、
絶対ウマいヤツやん!!!

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン-豚

トロンと柔らかい食感!
旨いです!!!
 
お箸で少し動かすだけで “ホロッ” と崩れる程に柔らかく煮込まれている。
 
 赤身と脂身の比率は
<赤身 7>:<脂身 3>
 
ロールチャーシューとしては脂身がやや多め。中央の赤身の周りを厚めの脂身がくるっと取り囲む。 赤身は “ジワジワ” 豚の旨味が出てくるタイプで少し噛み応えあり。対して、脂身の方はと言うと、甘みを感じてから“トロリン” と溶けてしまいます!!

 
豚に当たりハズレがあるならば、
間違いなく豪華特賞だ!!

 

 

ラーメン二郎-桜台駅前店-小ラーメン-ニンニク

ニンニクは “標準量”
 
二郎では欠かせない存在のニンニクさん。サクジのニンニクは『量・刻みのサイズ』とも標準的と言っていいかと思います。

 

『ご馳走さまでした』
量的には少し多く感じたものの、心地良い満腹感に包まれて完食!
 
本当にウマかった!!
 
しかし、
この時点で、既に筆者はイタいミスをおかしてしまっていた(汗)。その詳細については『まとめ』の項で!

 

 

まとめ

 
ラーメン二郎 桜台駅前店への訪問を振り返り、その特徴を3つにまとめました!!
 


特徴<その1>
駅から近くて便利!!
 
二郎史上、最も駅から近いといわれているそうです。(ラーメンDBより引用)
筆者は『秘境』のような隠れ家的なラーメン屋も嫌いではなく、むしろ面白いと思うタイプではあります。しかし、ラーメンをイベントとしてではなく “日常” と捉えるならやはりお店は近くて便利に越した事はないですよね! “近くて便利”というだけでもすでに1つの長所だと言っても良いのではないかと思います。
 


特徴<その2>
二郎では珍しい、
“ふんわりやさしい”味わい!

スープは、濃厚出汁でオイリーながら醤油控えめのまったりスープ。 麺は、表面つるつるのもちフワ麺。そしてトドメはトロケルような柔らかチャーシュー。量もそこまで過激ではなく、全体的にまろやかで優しい印象の二郎でした。他の二郎直系の人気店とは系統が異なる味わいだが、とても美味しかったです!
 


特徴<その3>
ロット管理はシビア。
 
店員さんはとても物腰が柔らかくお店自体は良い雰囲気です。しかしシステムが『1ロット5人づつ』の入替え制になっていたので、お店には見えない緊張の糸が存在していた。
 
サクジでは1回の麺茹では5杯分づつまとめて行われていた。客の着席後スムーズにラーメンを提供する為、前の5人が食べ終わる前に次の5人分の麺茹でが始まります。つまりお店に並んだ段階で『一定速度で動くベルトコンベア』に乗っているようもの。二郎用語で良く目にするいわゆる『ロット乱し』をしないように速やかに食べ終わることが必要になります。
 


初めてなら『小滝橋』がオススメ!
サクジはとてもいい店だったが、筆者を含めて二郎初心者には『ロット管理』という壁が存在する気がしました。それを踏まえて、二郎に初めて行く方には『小滝橋二郎』がオススメです。こちらの二郎は新宿にあるという便利な立地ながら行列になることは少ない。そのため『ロット』の存在を気にせずに食事をすることができます。コアな二郎ファンの方々からはとかく『物足りない』という類いの声が聞こえますが、二郎特有の “流れ作業感” が無いので入門店としては向いている。まだ二郎に行った事が無くてこれから行ってみようという方は、選択肢の1つとしてご検討を!

 

懺悔、そして新たなる旅立ち。

 
冒頭でも触れました筆者の “ミス” について記述します。
 
同じロット内に、麺少なめが2人と麺半分が1人、そして麺固めが1人。筆者への提供はロットの最後尾となった。
いつものようにラーメンの撮影をしながら食べ始める。イヤな予感はしていたものの、筆者が3分の2くらい食べ進めたところで1人食べ終わり、その後間もなく2人目3人目と食べ終えてお店を後にする。

 
筆者が途中で『マズい!!』と気が付いた時には既に遅し。明らかに周りから遅れたタイミングで食べ終わることに。カウンターを拭くのもそこそこに、逃げるようにしてお店を後にしたという顛末。
 
あの後、次のロットはうまく回ったのだろうか。。。
ご迷惑が掛かっていたら、店員さんと待たせたお客にこの場を借りてお詫び申し上げます。

 
今回の反省を元に、よりスムーズな『記録をしながらの完食』の模索が急務に。
ロット管理がシビアと言われている『神保町二郎』や『目黒二郎』のレポートは未だ達成出来ていないが、果たして叶うのだろうか!?
 
ご覧の二郎ファンからは『迷惑かけてんじゃねえ』という声が聞こえてきそうだが、筆者としては、それでも粘り強く何とか喰らいついていきたいところだ。

 
さて次回の東京ラーメンレポートは、
鷺ノ宮にある “TRY & ミシュラン” W掲載の実力店、
 
“らぁ麺 すぎ本” の
レポートをお届けします!
 
ぜひご期待ください!!!

 

ラーメン二郎 桜台駅前店

住所:東京都練馬区桜台1-5-1

営業時間:
11:00〜14:00/17:30~23:30
[木] 17:30~23:30
[土] 10:00~16:00
※麺切れ次第終了

定休日:日曜日(祝日は不定休)