亜寿加-渋谷-排骨担々めん-排骨

らーめん 亜寿加(あすか) – 渋谷でオススメの “担々麺” のお店!!!

 

今回の東京ラーメンレポートは
渋谷で “担々麺” と言えばココ!

 
亜寿加(あすか)さんをお届けします!!!
 
渋谷と言えば “流行の発信地” というワードをよく耳にする。
どんどん新しいものが生まれては去って行く街。ここではラーメン店一つとっても15年前と今では立ち並ぶお店が全く異なり、昔からあるお店は『喜楽』をはじめごく僅(わず)か。
 
その渋谷にあって20年以上に渡って “担々麺と言えばココ” と指示され続けるお店がある。それが今回のお店『らーめん 亜寿加』だ。

 
今回は “移ろいやすい街・渋谷” において今尚変わらない店、
『らーめん 亜寿加』さんの人気の秘密に迫ります!!

 
では、ご覧ください!!
 

 

最寄り駅について

 
JR山手線・埼京線 他各線
“渋谷駅 西口” 徒歩2分

渋谷駅-南口
渋谷駅-南口 渋谷駅-南口 渋谷駅-南口
※画像は全て拡大できます。
再開発中の渋谷駅西口付近

渋谷駅西口エリアでは『タクシープールの地下化』と『バスターミナルの整備』を2027年の完成を目標に進めている。利用できるようになるにはあと10年近くかかる壮大な計画!
東口の再開発はそれより早い2020年のオリンピックを目標にしているそうだ。

 

 

亜寿加-渋谷-外観

歩道橋の上からお店が見えてきました!

渋谷駅の西口から歩道橋で国道246号を渡るとすぐにお店に到着です。2階〜6階に “イケベ楽器店” が入っているビルの1階が今日のお店、亜寿加さん。

とかく『人の数が多い』イメージの渋谷ですが、この辺りの人通りはそれほどでもないです。

 

 

店舗の外観・環境

 
亜寿加-渋谷-外観
亜寿加-渋谷-外観 亜寿加-渋谷-看板 亜寿加-渋谷-外観 亜寿加-渋谷-外観
※画像は全て拡大できます。
亜寿加 さんに到着です!
 
“朱塗り” が特徴的なファサード
お店の正面全体が『真っ赤』に塗られている。前回(約3年前)訪れた際には、正面は『真っ黒』だったのでその後イメチェンしたようだ。
 
ガラス張りのデザインがGOOD!
これは昔からだが、正面は『ガラス張り』になっています。見通しが良いので店内の混雑状況が分かりやすく入りやすい。好感の持てる店舗設計だ。

 

 

亜寿加-渋谷-メニュー
※画像は全て拡大できます。
店先には大きな木製の “メニュー表” がある。
 
推定重量50kg以上の巨大な一枚板のメニュー表です。立派すぎて取りはずせない為か、強引に文字や数字を修正した跡が見える(笑)。

 

 

注文の仕方

 
口頭にて注文します
卓上のメニュー表を見て口頭で注文。
 
お代は前払い制です
3年ほど前に訪れた時は後払いでしたが “前払い制” に変更になったようだ。注文のタイミングで店員さんに支払います。
 

亜寿加-渋谷-メニュー
※画像は全て拡大できます。
メニューが所々カスレて見にくい(汗)
 

メニュー一覧

 
【四川辛口】
  担々めん・・・780円
  排骨担々めん・・・980円
  W排骨担々めん・・・1,300円
  (チャーシューMIX可)
  ちゃしゅう担々めん・・・980円
  みそらーめん・・・800円
  排骨みそらーめん・・・980円
  ちゃしゅうみそらーめん・・・980円
 
【亜寿加】
  らーめん(しょうゆ・しお)・・・700円
  排骨らーめん・・・950円
  ちゃしゅうらーめん・・・950円
  つけめん・・・780円
  坦々つけめん・・780円
  排骨つけめん・・・980円
  ちゃしゅうつけめん・・・980円
 
【冷しめん】
  冷し中華・・・850円
  冷し坦々めん・・・850円
  排骨冷し(冷し坦々)・・・980円
  ちゃしゅう冷し(冷し坦々)・・・980円
 
【おつまみ】
  チャーシューメンマ・・・600円
  チャーシューメンマ(ハーフ)・・・300円
  おつまみ排骨・・・350円
 
【お飲みもの】
  ビール(小びん)・・・450円
  ビール(中びん)・・・550円
 
※2017年12月現在の情報です。

 

 

席の配置・内装

 
コの字カウンター 17席
厨房を囲むように “コの字” のカウンターが設置されています。
 

▼店内見取り図を作成しました▼

亜寿加-渋谷-店内図
※画像は全て拡大できます。
 
広めの店内で “開放感あり”
店内はラーメン店としては広めです。中央には大きな厨房がありその周りをカウンターが囲む。カウンターに座ると目の前が厨房で開けており、さらに席と席の間に余裕があることから快適度は高い。
 
この日の客入りは、
平日の20時30分の訪問で
先客14名、空席3席。

 
平日のランチタイムには10名を超える行列をつくる人気店ですが、夜はお客が分散するので比較的空いています。

 

 

卓上調味料・備品

 亜寿加-渋谷-卓上調味料

卓上調味料は一通り揃っています!!
 
『唐辛子』が無くて『ラー油』があるのが特徴。サービスライス用の『高菜』もある。

 

 

亜寿加-渋谷-ティッシュ

ボックスティッシュはカウンターの上段に!

 

 

ラーメンの実食!

   
亜寿加-渋谷-排骨担々めん

亜寿加さんの
“排骨担々めん 980円”

“排骨” にはいろんな読み方があるがこちらのお店では『パイクー』と言います。

筆者が最初に亜寿加を訪れたのは15年前。その時にこの “排骨” の読み方が分からず、メニュー片手にまごまごしていたところを隣に座った外国人客が流暢に『パイクー・タンタンメン・クダサイ』と注文!!  何だかとても恥ずかしかった記憶があります。

亜寿加では実に客の8割以上が注文する “一番人気” のメニューです!

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-横位置

木の丸盆に乗って登場!

丸みを帯びた大ぶりな丼には赤文字で丸の中に『らーめん寿』とある。

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-トッピング説明
 
トッピングは、
『排骨(パイクー)・ほうれん草・白ネギ』

排骨は “まるごと1枚” 乗ってインパクト大! その他の具材は白ネギ、そしてほうれん草が彩りを添える。
 
では、いただきます!!

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-スープ

亜寿加のスープと言えばコレ!
フワッとした表面!!
 
亜寿加の担々麺スープの最大の特徴はこの “フワッ” とした固形感。これは、芝麻醤(白ゴマのペースト)を敢えて溶かしきらずに挽肉や白ネギと共に浮かべているから。ラー油と唐辛子の赤も鮮やかでシズリまくってますなぁ!

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-スープ

◎ココがポイント!!
スープは本格感がありながら、
適度なピリ辛で旨い!!
 
『豚肉、丸鶏、鶏ガラ、香味野菜』の出汁に『芝麻醤、唐辛子、ラー油』の風味が加わる本格的な四川担々スープ。
 
スープは釜の中に丸鶏を2羽まるごと入れているそうで鶏の旨味が濃く出ている! 飲むとその出汁感と芝麻醤(チーマージャン)の白ゴマの香ばしい風味、そして爽やかな酸味を感じる。その後に少し遅れてラー油と唐辛子の程よいピリット感が追いかけてくるイメージ。
 
サラッとした飲み口の中に、芝麻醤と白ネギのザラッとした固形感と香ばしさが相まって、
“ヤミツキ” になる!!

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-麺
 
麺は “中細ストレート”
(麺量 180g)

エッジの立った四角い断面が美しい。マットな質感でしなやかなストレートライン。そして表面には唐辛子がしっかり絡んでいるのが見てとれます!

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-麺リフト

“プリッ” とした歯切れで食感がイイ!!

加水率は、中~多加水の間
“プリッ” と心地よい歯切れの麺は、今では珍しくもないが15年前に筆者がこのお店を初訪した当時としては新しかった記憶があります。約3年ぶりの亜寿加ですが麺のこの食感は健在。サラッとしたピリ辛スープとのバランスもGOOD!!

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-排骨
 
デカい排骨が丸ごと1枚!
 
排骨(パイクー)とは
豚ロースに卵と小麦粉の衣を付けて油で揚げたもの。五香粉(カレー粉風のスパイス)でしっかり香ばしく味付けされています。

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-排骨

◎ココがポイント!!
提供直前に揚げられた排骨が
パリパリの食感!!!

注文が入ってから1枚1枚揚げる排骨は『パリパリ&サクサク』の食感!
 
衣の中の豚ロースは赤身主体。肉質は中々のやわらかさでしっとり肉厚。噛むと旨味も感じられる。中国の混合香辛料である五香粉(ごこうふん)でしっかり味が付いているが、これは分かりやすく言うと “カレー粉” と同じ味と言っていいでしょう。
 
豚ロースの旨味とカレーの風味が
“香ばし旨い” 味わい!!

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-排骨

◎ココもポイント!!
担々スープとの相性も抜群!
“スープが染みた” ところも旨い!!
 
“パリパリ&サクサク” がウリの排骨だが、スープを吸って『しんなり』したところもまた良し! 芝麻醤が香る適度な辛さの担々スープとの相性が抜群!! カレー風味の香ばしさに、スープのピリ辛と白ごまの香ばしさが絡んで、ちょっと他には無いウマさだ!!

 

 

亜寿加-渋谷-排骨担々めん-ほうれん草
 
“ほうれん草” が添えられる

こちらのお店では普段 “チンゲン菜” が青物として添えられるが、稀にほうれん草の時もあります。

茹で加減は固茹でシャッキリ!!
ピリ辛スープとの相性バッチリ!

 
チンゲン菜も良いが、こちらのほうれん草の方がより日本人好みかもしれない。

 
『ご馳走さまでした』

 

まとめ

 
いかがでしょう?
亜寿加の人気の理由が伝わりましたでしょうか!!

 

<人気の秘密 1>
ココにしかない味わい!
 
筆者は東京の担々麺を網羅(もうら)している訳ではないが、これ程の『排骨・坦々スープ・中細麺』のシナジーを生み出しているお店を他に知らない。“この担々麺を食べたいからココに来る” といった多くのリピーターに支えられているお店と言えるでしょう。
 
<人気の秘密 2>
便利な立地と箱の大きさ!

駅から徒歩2分という立地条件はやはり便利。駅の南側は、ハチ公方面に比べれば人通りは少ないもののオフィスビルが立ち並ぶ区域。その為か “若者の街” にも関わらず客層は落ち着いた大人が多くを占める。開放感のある広めのお店の造りも人気に一役買っているのだろう。
 
渋谷にお越しの際に一度、
立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?

 

本日のおまけ

 
光醤-渋谷-無限替玉

『光醤(ひかりひしお)』
 
光醤は、京王井の頭線 渋谷駅西口の高架下近くにある豚骨醤油ラーメンのお店。何度か入ったことがある知ってるお店なので何気なく通り過ぎようとすると、、、
 
 

光醤-渋谷-無限替玉

替玉が、む、無限!!!?
 
“無料”はよく見る字面だが “無限” は普段の生活では中々お目にかかれない熟語なので思わず立ち止まってパシャリ! しかし、、無限と言いつつも常人なら3杯くらいが限界なんでしょうね(笑)。

 

さて次回の東京ラーメンレポートは、
“サクジ”の愛称で親しまれる直系二郎!

“ラーメン二郎 桜台駅前店” のレポートをお届けします!
 
ぜひご期待ください!!!

 

らーめん亜寿加(あすか)
 
住所:東京都渋谷区桜丘町2-11 荻野ビル1F
 
営業時間:
[月~金]11:00~21:30
(スープ終わり次第終了)
[土]11:00~20:00
(スープ終わり次第終了)
 
定休日: 日曜日、祝日